いびき・無呼吸でお悩みの方へ

睡眠時無呼吸症候群で特有な症状


いびき

 

無呼吸

いびきが突然止まる

日中の強い眠気

 

夜間の頻尿

 


その他にも

  ・起床時の頭痛

  ・日中の倦怠感やぼーっとした感じがある

  ・寝つきが悪い 夜中に何度も目が覚める

  ・息苦しくて目が覚める

  ・気分が落ち込む等、様々な症状がみられます。

しかし重症でも自覚症状が少ない方も多くおられます。

いびき・無呼吸自体はご本人は気付きにくいため、家族や周りの方の指摘で気付かれることが多い病気です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは


睡眠中にいびきと無呼吸(呼吸が止まる)を繰り返す病気です。

 いびきが聞こえるのは、空気の通り道に狭い部分があるためですが、更に気道が塞がると、呼吸ができなくなります。酸素 不足により苦しく感じたり、目が覚め易く、深い睡眠も少なくなります。長い時間寝ても深い睡眠がとれないため、熟睡感がなくボーっとしたり我慢できない眠気に襲われたりします。

 

その結果、運転中や仕事中に眠ってしまい、労働災害や交通事故を起こしてしまうリスクが高まります。また、長年のいびきや無呼吸によって、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、心不全などの病気の合併も起こりやすくなり、重症者は寿命に影響を及ぼす病気です。肥満気味の方や顎の小さな人がなりやすく、更年期以降は女性でも増加します。

睡眠時無呼吸症候群の診断から治療まで



1.まずはお電話で予約をおとりください
無呼吸に関する診察が初めての場合、在宅での検査を行います。
検査機器には台数に限りがあるため、予約をお願いいたします。

2.予約当日、受診していただき、問診・診察・検査説明を行います。
*睡眠中におこる病気であるため、自宅での検査となります。
*在宅検査は、パルスオキシメトリーと簡易型ポリグラフ検査のどちらかを、患者さんの状況に応じて選択します。
*検査機器の装着方法や注意点などを説明します。
*1回目の診察にかかる時間はおおよそ1時間程度です(予約のある場合)

3.ご自宅で検査実施(2日~3日)

4.検査機器返却
*パルスオキシメトリーは、パソコンで判定する検査のため当日結果説明が可能です。
*簡易型ポリグラフ検査の結果については、返却から最低1診療日以降説明が可能です。当院では正確な結果を出すため、この検査については自動判定を用いておりません。認定技師によるマニュアル判定を行うため、お時間をいただいております。ご了承ください。

5.結果ご説明
*検査結果次第で、更なる精密検査(終夜睡眠ポリグラフ検査)をお勧めしたり、重症度に応じて、生活習慣の指導・歯科的治療(歯科への紹介状)・耳鼻科的治療(耳鼻科への紹介状)・CPAP治療等をお勧めしています。

6.継続的なフォロー

*治療法に応じて、経過フォローしていきます。
*CPAP治療を選択した場合、毎月1回の受診が必要となります。
*当院はCPAPを使用している患者さんが多数おられ、専門クリニックとしてフォローに力を入れています。
    🍂 当院のCPAP管理について詳しくはこちら >>